LifeLife

いろいろ

長らく更新をしてなかった。
ここ最近特にこれと言ってガジェットを購入したわけでもないので更新が滞りがちに。

最近コスプレを撮るのにハマっていてレイヤーさんと予定を組んでは撮影に行っている。
去年買ったD850は相方の仕事で使われているので、予備機のD800Eや自分の愛機であるDfを使うようにしていた。
ただ、限界付近の撮影をしようと思うとかゆいところに手が届かず、もう少し実戦的なカメラが欲しいと思っていたのだった。

課題点は以下

sponsored link

Df

  • AFの仕様がD600系と同じなためAFが弱い
  • AFの範囲が狭く、遅い、AF-Cの信頼性が低い
  • 合焦可能なEV範囲が狭い
  • 今となっては1600万画素は物足りない
  • シンクロ限界が1/125?のあたり。1/250で不安定になりがち

D800E

  • ISO感度800でもよほど演色性の高い光源でなければ画質が荒れやすい
  • ミラーショックの大きさによる歩留まりの悪さ
  • 自分が求める基準として撮影可能なシチュエーションが限られる
  • AFが遅い、AF-Cの信頼性が低い

Df、D800Eともに個人的にはまだまだ現役で使える素晴らしいカメラなのは間違いない。使われ方によってはシャッター回数など気にしないといけない場面もあるとは思うが、写真の写りはまだまだ現役だ。
被写体が人物の場合、被写体の方を待たせないことやテンポよく撮ることも考慮する必要がある。
なのでMFは使わずにAFでテンポよく撮影することを心がけている。
その点で新しいカメラでその良さを知ってしまうとなかなか戻れないのも事実である。
AFの正確性や解像度、連射性能を考えるとD850は素晴らしく今どきなカメラでおおよそほとんどの撮影を問題なく一台で済ませることができる。
ミラーレスへの移行も視野に入れると、α7IIIが人物を撮るには手頃だと考えて選択肢に入れていたのだが、いかんせんスイッチコストが大きかった。
ProfotoのAirRemoteTTL-Sだけでも5万円、レンズを買い揃えるとさらにかかる。新規で購入していくため時間もかかる。それまでレンズアダプタで代用するにしてもそれなりにコストとレスポンスの低下などイレギュラーさは否めない。
かといって今年発表されると噂されているニコンのフルサイズミラーレスはまだ発表すらされていないのだ。
高感度が必要な撮影の予定を手持ちのカメラで消化するのも厳しいと感じていたので、思い切ってD800Eをリプレースすることにし、奥さんの仕事用D850のバックアップ機(基本的には自分が使うカメラになるのだが)として購入した。
D850は購入当初以来、自分はほとんど触ることがなかったので、手にとって感じることは、ただただ、とてもいいカメラだということ。
欲を言えば画面の隅までAFポイントがあったらいいなと思ったりもするが、本当に隙がないと思えるカメラに仕上がっていることを再認識した。

実戦でも何度か撮影してみた。
ストロボライティングを施した撮影ではほとんど手を入れる必要がないのではないかと思えるほどクリアな画像が得られ、解像度も含めこのカメラでしばらく戦える感触を得た。

sponsored link

down

コメントする




DJI

AMAZON検索

最近のコメント



sponsored link