LifeLife

いろいろ

Profoto A1をOCF系のツールで使う

time 2018/06/07

Profoto A1をOCF系のツールで使う

Profoto A1はRFiスピードリングアダプタをつければRFi系のソフトボックスなどは取り付けられる…のだが、可搬性を考えるとOCF系のLST(ライトシェーピングツール)につけたいところだ。
純正にあってもおかしくはないのだが、Profoto純正品にはA1をOCFに取り付けられるソリューションは今の所存在しない。
FacebookのProfoto A1ユーザーグループにスピードライトをBowens互換にするブラケットを通してSelensのソフトボックスを取り付けている画像が投稿されているのを発見した。
これを参考にA1のヘッドは円形なのでヘッドが収まる程度に口が空いているブラケットを探して購入してみた。
ネットで探した限りでは同じものしかでてこないので探しても同様の製品しか出てこないかもしれない。
これでBowensマウントのモディファイヤは取り付けることができるようになった…が、せっかくなのでOCFが使いたい。
ここから更にBowensマウントにスピードリングを取り付けられるアダプタを入手し、はれてProfoto A1でOCF系の製品が使えるようになった。(と同時にその辺のスピードライトでもOCFが使えるようになった)

そこそこ重さもあるので見た目ほどモビリティがいいわけではないのだが、ロケ撮などで設営が素早くできて持ち歩きしやすいOCFシリーズのLSTをA1で使えるのは大変うれしい。
トップから一灯当てたい場合などにも重宝しそうだ。

ちなみに先日のPHOTONEXTにてその筋で有名な銀一さんからもA1をOCFにするアダプタが発売されるとのことだった。
まだ価格は未定のようだが、こういうアイテムが充実してくるとよりA1が活用できるはずだ。

sponsored link

down

コメントする




DJI

AMAZON検索

最近のコメント



sponsored link