LifeLife

いろいろ

EPSON dreamio EH-TW5650

time 2018/03/25

EPSON dreamio EH-TW5650

エプソンから「EH-TW5650」とスクリーンをモニターでお借りしている。
先日届いたのでさっそくレビューなど。

EH-TW5650/S
80インチのモバイルスクリーンが付属したモデルだ。

http://www.epson.jp/products/dreamio/ehtw5650/

我が家では55インチのTVがリビングに鎮座しているが
シネスコサイズでは上下に大幅に黒い部分が出てしまうため、それほど大きくはない。
今回借りれたのでさっそく映画を見ようと設置してみた。
この製品の特徴は色再現性の高い3LCDと2,500lmの明るさだ。とはいえ、少し部屋は薄暗くしないとあまりはっきり見える感じではない。
また、無線LANを繋げばEpson iProjectionを使うことで手元の機器からスライドを表示したりも可能だ。どちらかというとビジネス的な使い方と言える。
単体ではストリーミングサービスに繋ぐような機能は持ち合わせてない。
そのため、Amazon Fire TVやApple TVを繋ぐ事で動画配信サービスを視聴することができる。
場所の特性上、HDMIスティック系のメディアプレイヤーと親和性が高い。
うちではほとんど据え置きの形でTV側に設置しているためプロジェクターにどうHDMIケーブルを引き回そうかという点は少々困った。
最終的には7mほどのHDMIケーブルを購入して裏側に回すことにした。

sponsored link

構成

TVには入力が3系統あり、AppleTV,PS4,HDDレコーダーにつながっている。
その他はホームシアター・オーディオに入力が3系統あって、それぞれNintendoSwitch,WiiU,AmazonTVが接続詞ている。
ホームシアター・オーディオ経由でHDMIリンクしているため、ホームシアター・オーディオからテレビに出力しているケーブルをプロジェクタにつなぐケーブルに回すだけでホームシアター・オーディオにつながっている機器はそのままプロジェクタに表示される。

この辺はややこしいので素直にfireTVなどのHDMI端子に刺すスティック型の機器がおすすめかもしれない。

設置

5.1chのサラウンドをTVの前にリスニングポイントを置いているため、現行のテレビの全面にスクリーンを置いてみることにした。
設置場所に投影しようと思うとリスニングポイントから少し後ろの位置にプロジェクターを設置する必要がある。
台形補正の機能はあるのだがチルトの機能はないため、スクリーンの高さに合わせて昇降できる程度の台があるといいかもしれない。
中心から写す必要はなく、シフトレンズを備えているため斜めから照射しても台形補正されてそれなりにまっすぐ見える。
ただ、大きく写すとやはりそれなりに歪むのは否めない。
できるだけ余裕がある方がいい。

モバイルスクリーンは四方に突っ張って張り出すタイプでスライドすることで高さは最短30cmまで縮める事ができる。
最初の印象としては55インチの液晶テレビと比べるとかなり迫力があるということだ。
また映画館と同じ反射光になるので目に優しく映画館のようなムードが高まる。
これからじっくりと試して実使用でまた詳しくレビューしたいところだ。

sponsored link

down

コメントする




DJI

AMAZON検索

最近のコメント



sponsored link