LifeLife

いろいろ

PeakDesign Capture v3

sponsored link

レビュー

11月に数日だけKickstarterで募集のあった新しいCapture含む新製品群が届いた。
Capture v3 black、ProPad、Slideのリワードを選択。
Kickstarterで募集する際は既存製品も安く買えることがある。
今回はLenzが大幅に安くなっていたのでそれを購入、合わせてSling 5L(Black)を購入した。またおいおいレビューしていきたい。
Capture v3はBackpack 20Lに合わせてBlackを購入した。AshにはSilverの方が似合いそうだが、ベルト部のアクセントカラーは黒なのでBlackで正解だと思っている。
さっそく旧型のProPadとCaprute v2から新型ProPadとCapture v3に交換してみた。
v2と比べると、少し軽くなり小型になった。ベルトからはみ出さず、かさばらなくて非常にいい。
気になる点としては、v2まではプレートを取り付けてから固定するクランプがあったのだが、今回これが省略された。その為、プレートはかなり遊びが大きい。器具の固定には問題ないのだが、遊びがあることでカチャカチャと音がなる程度にCapture本体に当たる。
これによりプレートをカメラの三脚穴に固定しているネジが緩むことも考えられるので注意しながら使いたい。

小型化

小型化は検討するに値する重要な要素だ。プレートも調整できるようになっていて更に使いやすくなっている。
キャプチャをガッチリはめ込むにはキャプチャツール(CT-1)を使うことが多かっただが、キャプチャツールのそれとは径が合わなくなっている。その代わり六角レンチで締めることができるような交換用のネジが付属している。ガッチリはめたいときにはこのネジに交換しておいたほうがいいだろう。
Slideは微妙に薄くなった。またロック機構が良くなり、気がつくと長く伸びている事がなくなった…が、これは経年劣化の気もする。
首に当たる部分はパッドがあるのだがこれも若干ではあるが薄く軽く柔らかくなっていて鞄の中に入れたときに邪魔だったのが少しは軽減される。それほど重いカメラやレンズを付けないのであれば迷わずSlide liteを勧める。
Slingについてはまた別の機会でレビューしたいが、LeicaQを入れるにはちょうどよく、普段使いにとてもよい。

sponsored link

down

コメントする




DJI

AMAZON検索

最近のコメント



sponsored link