LifeLife

いろいろ

D850が正式発表

ニコンから正式にD850の発売日がリリースされた。
ニコンダイレクトでは税込み40万弱とかなりお買い得な価格になっていて、様子を見るつもりが思わず予約してしまった。
高画素であることも魅力的だが、地味に使い勝手が悪かった部分がFIXされていて値段は据え置き。
カメラ業界的なトレンドだと10万程度の値上げを予想していただけにかなり思い切った印象である。
ニコンのサイトではフルサイズで20MBにもなるサイズのJpegの撮影サンプルが確認できる。

主な特徴は下記の通り。

  • 有効画素数4575万画素とISO 64-25600を両立させた、「裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサー」
  • 高画素撮像素子に対応し、高画質、高速性能を実現する「画像処理エンジン EXPEED 5」
  • 機構ブレ・シャッター音なしでディテールを余さず捉える、4575万画素の「サイレント撮影 モード1」
  • カメラまかせで撮影シーンにより適した画づくりができる「ピクチャーコントロール[オート]」
  • 低輝度測光-3EV対応、「180KピクセルRGBセンサー」採用
  • 自然光下での最適なホワイトバランスが得られる「新ホワイトバランス[自然光オート]」
  • ハイライト部の白とびを防ぎ階調豊かに描写できる「ハイライト重点測光」
  • ちらつく照明下でも撮影時の露出のばらつき等を抑える「フリッカー低減」機能
  • 見た目に近い明るさを再現する「アクティブD-ライティング」
  • 明暗差が激しいシーンで階調豊かな画像が得られる「HDR」
  • ダイナミックな動きから瞬間を克明に捉える「約9コマ/秒・約7コマ/秒の高速連続撮影」
  • 美しい光跡写真の素材撮影に活用できる「低速シャッタースピードでのコマ数無制限の連続撮影」
  • 高画素の鮮鋭感を最大限に発揮させる「高速・高精度153点AFシステム」
  • レンズとの微差調節が簡単にできる「AF微調節の自動設定」
  • 合焦表示の精度が一段と向上した「フォーカスエイド」
  • より狭い範囲にピントを合わせやすい「ピンポイントAF」
  • マニュアルフォーカスでのピント確認が容易な「ピーキング」
  • 深度合成の素材を簡単に撮影できる「フォーカスシフト撮影」
  • FXフォーマットベース フルフレームの「4K UHD(3840×2160)動画対応」
  • 8Kのタイムラプスムービー制作が可能な、記録画素数4544万画素の「インターバルタイマー撮影」
  • ポストプロダクションの時間を飛躍的に短縮する、カメラ内「RAW現像」の一括現像
  • より滑らかな動きを表現できる「最短撮影間隔0.5秒設定」
  • シャッター耐久を気にせず大量撮影できる「サイレントインターバルタイマー撮影」
  • 安心して撮影できる、「長時間、大量撮影への対応力」
  • 4K UHDタイムラプスムービーも手軽に作成できるカメラ内「タイムラプス動画」機能
  • フルHD動画の表現力を拡げる「スローモーション動画」機能
  • ポストプロダクション素材に最適な「ピクチャーコントロール[フラット]」
  • 手持ち撮影が安心してできる「電子手ブレ補正」(フルHD、HD時)
  • 自然な明るさの映像が得られる「アクティブD-ライティング」(フルHD、HD時)
  • マニュアルフォーカスでのピント確認が容易な「ピーキング」(フルHD、HD時)
  • さらに使いやすくなった「ハイライト表示」
  • ハイライト部の白とびを防ぎ階調豊かな映像を撮影できる「ハイライト重点測光」
  • シャッタースピードと絞りを固定して適正露出が得られる「Mモード時の感度自動制御」
  • 動画専用の緩やかな「露出制御/露出補正/パワー絞り」
  • アッテネーター搭載でさらに向上した「サウンドコントロール」
  • 動画・静止画の素早い撮影切り換えに対応する「動画専用の撮影メニュー」
  • ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ史上最大の「倍率約0.75倍の光学ファインダー」
  • 多彩な操作が可能なタッチパネル採用の「チルト式3.2型 236万ドット画像モニター」
  • 画像モニターの「拡大表示」
  • 暗所でも使いやすい「ボタンイルミネーションと操作系のレイアウト」
  • SNS投稿にも最適な「撮像範囲[1×1(24×24)]」
  • XQD、UHS-II SDカード対応の「メモリーカードダブルスロット」
  • 「マグネシウム合金使用の堅牢なボディー」と「高度な防滴・防塵性能」
  • 制振性を高めた「高耐久性、高精度シャッター」
  • 機能がさらに充実した「多重露出」
  • 用途に応じてサイズが選べる「RAWファイル」
  • 機能性を高めたカメラ内「RAW現像」
  • 撮影画面の正確な水平合わせが容易な「2点拡大」表示
  • 場所を選ばず高度なライティングを手軽に実現する「ニコンクリエイティブライティングシステム」
  • ネガフィルムを簡単に4544万画素のデジタルデータにする「ネガフィルムデジタイズ」
  • 長時間安心して撮影できる低消費電力設計

sponsored link

down

コメントする




DJI

AMAZON検索

最近のコメント



sponsored link