LifeLife

いろいろ

WWDC2017

time 2017/06/07

WWDC2017

今年も昨晩、WWDC2017が開幕された。

キーノートでは多数のハードが紹介されたが今ひとつオーディエンスの反応は薄かったように思う。
毎年これでもかとフェデリギが紹介する新しいOSの新機能はあっさり気味に終わって、皆が足早に立ち去るような感じで淡白な印象だった。

VR,ARと少し周回遅れ感のある実装も、Appleらしいアレンジを感じなかった。
とはいえ、ApplePayの個人送金サービスなど、未知数ながら面白い発表もあった。

MacBook系の製品はKabyLakeにアップデート。
iMacもKabyLakeへのアップデート。
iMac ProというXeonを積んだPro用デスクトップも発表された。こちらは12月発売。
これがすごい「デスクトップ」なのだろうか、だとしたら少し寂しい気もする。

iPadのテコ入れが際立ったように思う。
PCの代わりとして使えるように少し寄せてきた感がある。
iOS11ではiPad向けにオブジェクトのドラッグ&ドロップやマルチウィンドウの機能が追加された。
iPad Proもアップデート。
噂されていた10.5インチのモデルがお目見えした。

最後には噂されていたSiri Speaker、もといHome Podが発表された。
筆者が一番気になった製品だ。
シンプルな円筒上のデザインで、全方向に向かって音が鳴るのだが、特定のベクトルに対してビーム状の音場も作れるようだった。
A8チップを積んでおり、単体でApple Musicから音楽のデータを取得できるよう。
音声による操作、名前の通りHomeKitとの連携も可能だ。
値段はライバルと思われるAmazon Echoよりずいぶん高価な印象だが、きっちりApple製品らしくデザインされていると考えるといたしかたないというところか。
残念ながら年内は日本で発売の予定なく、来年以降の発売となるようだ。

そのほかにもマジックキーボードのテンキー付きのモデルがこっそり追加されていたりもする。

肝心な開発者に向けて解放される領域はそれほどなかったように思う。
それでも新しいmacOS High Sierraの発表もあった。既存機能の高速化の紹介程度だったがこちらも例年通り秋にはお目見えとなる。
これからiPhone8に関する情報も多数出てくると思われるので秋まで楽しみである。

sponsored link

down

コメントする




DJI

AMAZON検索

最近のコメント



sponsored link