LifeLife

いろいろ

LeicaQと私(1)

time 2017/05/28

LeicaQと私(1)

結論から言うとLeica Qを購入した。

ここ三年くらい一眼レフではなくて気楽に持ち運べるサイズのコンデジを探してきた。 ニコンのDLシリーズが発表されたときはこれを買おうと心に決めていたのだがご存知の通り発売中止となってしまった。

小さいシステムならミラーレスでもいいのだが今までの経験から私はおそらくAPS-Cセンサーサイズのカメラでは満足できずに早々に手放してしまうだろう事も予測できる。 大きめのセンサーサイズとなるとSONYしかない。 RX1RM2かRX1Rが妥当だが、以前所有していたときの印象もあってソニーのカメラは苦手である。キーカラーがオレンジというのが陽気な感じで相容れない。 どんどん新しい製品も出て、いつ処分しようなどと考えるのも悲しい。

これまで小さめのミラーレス機をいくつか買ってきた。 αシリーズだったりオリンパスのOM-DシリーズなどMFTも経て、sd quattroが手元に残っている。(これが今のサブ機だ。) Fマウントが写真のメインで、動画撮影用にMFTのレンズがいくつかある。本体に関してはいま一つ満たされない気持ちを抱えて最後は手放すということを繰り返してきた結果、手元のマウントは3つ(F,MFT,SA)になってしまっていて、センサーサイズが小さければ小さいほど高価なレンズが必要になるので非常に苦しいと感じている。 

てな訳で小さくて比較的画質がいいというなかなか厳しい条件を満たしてくれるカメラを探しているとLeicaQというカメラが存在するのを知った。私が無知なのもあるが、無意識のうちに情報を遮断していたと思われる。
Leicaという名前は、写真をやっていれば当然のようによく耳にする。プロの写真家がいつも絶賛している。が、非常に高価。
その程度の知識である。 私とは無縁の存在。買おうと思って見たことはない。関連する情報も読み物のようなもの。 お金持ちでもなく、写真を生業にしているわけでもない私にとっては別世界の存在だった。

古いボディは比較的買えなくはないかなという気になるが、レンズが飛び抜けて高い。明るいレンズは1本50万からという世界観。 そんな折にLeicaQを調べると国産のフルサイズボディの最高級機と同じくらい。 28mm/f1.7の単焦点レンズだ。(ちなみにSONYのRX1RM2は35mm/f2だ。)

ボディがおおよそ30万、MFのレンズがピンキリとはいえ50万以上となるとかなり躊躇するが、明るいレンズと本体がセットで60万。それ以外を望まなければそれだけで済むのである。
Leicaを体感したことがない自分も一度はその世界観を感じてみたいという気になってしまった。 そう、もはや別世界のカメラではなくて現実に手元に置きたいと思ってしまったのである。

恐る恐る妻に確認したところ、なんと購入にゴーサインが出た。
毎年のようにサブカメラを買っては一年ほどで売って、というのを繰り返している現状で、LeicaQはある意味、「上がりだと考えている」というのに共感をしてもらえたようだ。 毛色は違うが、Nikon Dfも私にとってはそんな存在だ。新機種が出ようとも色あせない魅力を持っている。
Dfを手にしてから一眼レフについては新機種が出ようとも購入の意志を見せなかった前例もあるのだろう。 

LeicaQを触って特段弱点を感じなかった。 レンズのボケ味よし、28mmという画角も広すぎず、狭すぎない。 クロップモードで35mm,50mmを使える。もちろんその分、有効画素は減るがそれでもないよりはいい。 AFもできる。なんだったらというか普通に動画だって撮れる。これは今後何年も飽きずに使っていけそうだと思った。そう思ってしまった。

リストラ候補はsd quattroだ。 Α7シリーズを買い、SAマウントのレンズを揃えてマウントアダプタで併用というのがいい選択だとは思うが、私のメインマウントはFマウントである。 動く子供だって撮りたい。 Fマウントのレンズ資産が一番大きい。
MFTは写真ではなく動画の為にそろえている。複数のマウントを維持できるほど経済的な余裕もないのでsd quattroは売ってしまおうと思う。 とても難しいが、楽しいカメラだったし唯一無二の写真が撮れるという爽快感は得難いものがあるが少しは足しになるだろう。

いつになく暑苦しいポストになったが、とにかくLeicaQを買ってしまったのである。 これでしばらくこのカメラと共により写真のことを考える時間を増やせるのがなにより嬉しい。 もちろんカメラを吟味している時も楽しいのではあるのだが…。

sponsored link

down

コメントする




DJI

AMAZON検索

最近のコメント



sponsored link