LifeLife

いろいろ

DJI NEW PILOT EXPERIENCE

time 2016/04/22

DJI NEW PILOT EXPERIENCE

先週の4/15(金)朝からSEKIDOさんのDJI無料体験会「NEW PILOT EXPERIENCE」に参加しました。
DJIのドローンに興味がある人向けの無料の講習会です。
Phantom4をドローンフィールドで実際に飛ばすこともできる初心者向けというか、どちらかというと製品を検討している人に向けられたものでした。

IMG_3336

DJIについて

  • 大学の仲間の集まりで起業
  • 今や世界で4000人の企業
  • 中国深センの企業でここまでブランドができている会社は少ないのではないか
  • Phantom1の時はGoProをつけられるだけだったのがジンバルにカメラが内蔵されてどんどん進化
  • 日本での実情はというと海外では5.8GHzが映像伝搬で使えるが国内では使えない
  • GoProの時はGoProの2.4GHz帯と混線してコントロール不能になることがあった

などなど始まりから日本でのDJIの活動の話。

INSPIRE 1

  • プロポが二つ
  • 2オペ仕様(カメラ操作、機体操作)
  • 最初からINSPIRE1を欲しいと言うクライアントが多いが、まず手始めにPhantomシリーズを勧めているとのこと

私も最初はInspire1から入るつもりでした(笑)

Phantom4

  • GPSとセンサーを使って安定した飛行ができる。従来よりも精度が高まった
  • 機体前面に衝突回避センサーが付いている
  • ビジョンポジショニングシステム
  • 一体化されたジンバル
  • ジンバルが本体についているところが2軸になっていて強度が高くなっているのが特徴(セキドに修理で来る機体のうち半分はジンバルの故障)
  • タブレットを使って運用
  • アクティブトラックを使うことで対象を回り込んでカメラを回しつつ撮影可能(従来だとこのような撮影方法は熟練しないとできない)

衝突回避については2m以上近づいたらタブレットの画面に表示されるとのことでした。
何かあった時に慌てないようにフェイルセーフの挙動をきっちり掴むべきで、リターントゥホームの際にも衝突回避は有効になるので注意とのことです。
その他は以下の通り。

  • 衝突回避は前面にしかついてないので引きの絵を撮るときなど気をつけよとの事
  • 54km/h -> 72km/h に最高飛行速度が上がった。(スポーツモード時)

sponsored link

フライトを楽しむ前に

ここからドローンを飛ばす時の注意点などの説明です。

プロペラ

  • プロペラは汚れていたりしたらすぐに交換すること。
  • 新品時より柔らかくなったら交換
  • 定期的に交換したほうがいい

起動開始時

  • 電源を入れるときはプロポから、電源を切るときは機体側から順に操作
  • DJI GOアプリをインストールしておくこと
  • 立ち上げた後は、まずコンパスキャリブレーション
  • ステータスバーをタップしてキャリブレート
  • 初期はキャリブレートされてなくてよくコントロールできなくなっていた
  • 鉄骨が入っているような場所ではコンパスキャリブレーションしないといけない

IMUキャリブレーションとジンバルキャリブレーションについては有料講習会に出てねとの事。

操作方法関連

  • 日本ではモード1が主流
  • モード1で教習などは行われるのでそちらに慣れておいたほうがいい
  • 始動時は逆ハの時
  • 着陸場所が不安定な場所しかない場合は手に掴める高さでホバリングさせてハンドキャッチもあり(決してオススメしている訳ではないとの事)

航空法改正関連

最後に航空法改正に関しての簡単な説明と動向がありました。
今までこの講習は味スタで行っていたらしいのですが、ジオフェンスの関係で空港で使えなくなったので味スタでは飛行できなくなったとのこと。
ここでは軽く流しておきます。

  • 飛行は日中のみ
  • 地表面から150mまで
  • DID地域では許可申請が必須
  • その他も無用のトラブルを避けるために土地の所有者や管理者に許可を取っておくこと
  • 現在、申請から飛行申請許可がおりるまで一ヶ月程度のバッファが必要になってきている
  • 飛行許可の申請についてはセキドで代行できるような準備をしている

Phantomシリーズの場合用意する書類は比較的少ないのですがそれでも煩雑です。
この手の代行は是非お願いしたいですね。

操縦体験

IMG_3340

上記の座学のあと実際にグラウンドで飛行しました。
私もPhantom3を持ってい流のですが、航空法改正でなかなか許可を申請することろまで行かず、久しぶりのフライトとなりました。
1分30秒程度ですがPhantom4を飛ばしてみた感想としては、結構な風でも安定した飛行が可能になっていて安定感が増した気がしました。
現地販売も行われていて、OSMOも置いてあったり。
私はそっちに興味が湧いてしまいたくさん触らせてもらいました。

後で気が付きましたが、ここがSEKIDO DJI ドローンフィールドでした。家から車で1時間程度のところなので活用したいと思います。

まとめ

業務目的でもないとなかなかドローンを飛ばすことが難しくなってきています。
操縦者の飛行時間が10時間に満たない場合や、プロペラガードをつけない場合は機体とワイヤーで繋ぐ必要があるなどレギュレーションも数ヶ月で増えたりしてまだまだ流動的です。
ドローンに興味がある方は一度こういう講習会に参加されるとモヤモヤが晴れるのではないでしょうか。

sponsored link

down

コメントする




DJI

AMAZON検索

最近のコメント



sponsored link